ノートパソコンcpu交換インテルcorei7へ

どうもるんるんです。
今月に入って少しノートパソコンの調子が少し悪くなってきているのが感じたんです。
正直微妙な程度なんで気のせいと言われるかもしれないのですが気になり始めて、排気がやたらとすぐに起動するんですが中々高回転でうるさく中々収まらないんです。最初のころと違うんですよね中古で買っててても。
取り敢えずノートパソコンを裏返し蓋を外してエアーブローして簡易清掃したんです。
購入して1年使いっぱなしの為メンテして無かったので・・・まあ埃だらけでした。

1年つかってもまだまだ現役で支えてもらわなくてはならない私のノートパソコンをもっと性能を上げたいと思って思い切ってcpu交換しようと思ったのです。2コア4スレッドから4コア8スレッドにコア数増えたら処理速度上がるので是非やりたかったんです。

cpu交換したかったのですが知識が乏しく(今もですが)壊す覚悟でやってみたいと思ったんです。

私のノートパソコンのスペック

■メーカー:NEC
■型番:VersaPro VK23TX-C
■モニター:15インチ
■OS:Windows10 Pro 64bit   
■CPU:Intel Core i5 2410M 2.30GHz
■SSD:250GB         
■メモリ:8GB

2011年の秋のビジネスモデルの中古なんです。
SSDに換装してメモリー増設してはやってます。

購入cpu

今回オークションを使い購入したのは第2世代の上位モデルIntel Core i7 2670QM 2.20GHz
4core8スレッドのcpu
何個か出品あったのですがすべて競り負けして買えなかったんです。
4000円超えたくなかったので仕方なかったんですよね。
ジャンクで大体5000超えばかりでタイミング全然合わなかったんですが気長に頑張ったらこの値段で落ちたのでまあ4000円超えたがまあ良しとしましょう。
中古の動作確認品だともう少し高かったので仕方ないのもあったんです。

今回購入したのが転売業者ぽかったので画像の製造番号伏せられていたので少し不安でしたが届いて装着してみたら問題なかったので良かったです。一様ジャンク扱いのCPUの為不安だったんですがね。

cpu交換に必要な周辺物

cpu交換に必要なのは古いグリスを拭きとる物。グリスは熱で固着するのでアルコールタオルなどの揮発性の高い物が好ましい。
やはり精密機械、水分は極力避けたいもの、固いものは傷をつける可能性がある為避けるべきなので理想はアルコールの含んだ柔らかい布が良い。

あとふき取った後にグリスを塗らなけばならない為グリスが必要である。
特にcpu交換のi7クラスになると熱量も多くなるのでノートパソコンのcpuの冷却ファンは小さい為そこそこのグリスを用意しといた方がよい。
今回私はmx-4を買いましたが他所ではクマグリスがいいとも言われてますがよく自作パソコンを作ってる動画見てるとmx-4の方が多かった気がしたのでmx-4を買いました。付属にヘラや指で伸ばすためのゴム製の指サックみたいのも入ってました。

いざ交換

指の位置のネジを外せばCPUとヒートシンクと冷却ファンの箇所である。

写真はファン、ヒートシンク外してCPUを交換し終わった後の写真
グリスが固着してるのが装備していたi5グリスが固まってるのが解ると思う。

cpu装着後の動き

i7に交換してまず気になったのかcoreの動きである単純に2倍のコアになってるので使用率など見てみた
ブログを書きながらの状態だがほとんど使ってないこんなもんだったか?と思うぐらい前と比較するの忘れて現在しか解らない状態

一様ドラクエベンチは試してみた、まあ最高品質でも普通に出来そうなんでいずれはこのノートパソコンでもゲーム出来るかなと思う。

最後に

今回換装時に初回だけ読み込み時に固まってフリーズした。少し焦ったのが一度BIOS画面に行きcpuが認識しているの確認した後、再起動したら次は普通に起動したので良かったがなんせシステム的な知識が無い為に、YouTubeなどで色々見たりネットで記事読んだりなど事前の時間がかなり掛かってしまっている。
今後も使いながら探っていく感じになる。
パソコン販売店の人の話しでは古い型のパソコンは制御装置がある為にi7に交換しても制御され性能がフルに使えない場合もあるので理解して装着してほしいとの話し。無理にBIOSをいじったりオバークロックなどしても性能をきちんと生かせない場合があるとの話しで壊すのを覚悟してほしいとまで言われたのが引っかかるんですがそこは自己責任なんで皆さんもやるときはくれぐれも注意してくださいね。

今回はこの辺で

コメント

タイトルとURLをコピーしました